<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

shakiちゃんへ

d0018704_2121823.jpg
アンケート投函したら、又々来ましたVitz! 一足早くこちらへやって来ましたよ~。ライトもつくし走るんだよ~。今度来たときにね。

『shaki×2』に投稿のはずが間違ってこちらへ投稿しちゃったよ。ばぁばもとうとうきたかな?あぶない あぶない(^^ゞ
[PR]
by bun111ji | 2005-09-30 21:02 | まご | Comments(0)

初乗り

新しい車が昨日午後来ました。昨日はとりあえずバックで駐車場に納めただけ。そして今日初のり。まずはガソリンを入れなくては、あっ給油口はどっちだっけ?スーパーで買い物を済ませ一度帰宅、新車来たら恒例の油山へ。登り坂に来てチェンジレバーの表示の違いを発見。今まで使っていたチェンジレバーがない(名前を忘れしまった)2もない!今までの車は P、R、N、D、2、1 だったのに今度のは P、R、N、D、S、B、しかも D、S が並んでいる。でも調子よく登るので上まで行ってそこで車を止め、説明書を見る。下り坂は 2 なのに 2 が無い。仕方なく注意しながら下り、帰宅。ゆっくり説明章を読むと S は坂道走行、上り坂は回転数が少なく滑らかできびきした走行、下りは軽いエンジンブレ-キが得られますとのこと。ちなみにわたしは S(スポーツドライブと言うそうです)でずーっと(20k程)走っていたわけ、だってDとSが同じところに並んでいるのでそこがDだと思っていたのですもの、坂道はうまく走れて当たり前。しばらくは説明書を車と家と持ち歩かなければなりません。

今までの車を乗り潰しておしまいにしようかと思っていたのですがチョコチョコ不具合も出てきたし相当迷った末、やはり無いと不便、あと5年乗るつもりで、だったら今だと思い決心しました。マリちゃん(マリノ)はたくさんの荷物を載せ母を鹿児島まで行き来するのによく働いてくれました。でもこれからは車で鹿児島まで行くこともないし、日常買い物や病院へ行くのに必要と言う最低限の条件を考えて小さい車でいいということでVitzにしました。発売当時からVitzは形が嫌い嫌いと言い通しだったのですが娘が代車で運転して「調子いいよ、運転しやすいよ」との一言で乗っているうちに愛着も出てくるかな?と思うようになりました。最低後5年は元気で頑張らなくっちゃ~~。
[PR]
by bun111ji | 2005-09-10 21:14 | 日常 | Comments(0)
d0018704_14583787.jpg←10年余お世話になったマリちゃん さようなら!
d0018704_1541825.jpg


ニューフェイスのヴッちゃんこんにちは!これからどうぞ宜しくね!!  →


d0018704_1591153.jpg←そしてshakiちゃんのもおそろいよ!!
[PR]
by bun111ji | 2005-09-09 15:15 | 日常 | Comments(0)

台風お見舞い

台風14号凄かったですね。皆さん被害、無かったでしょうか?鹿児島、宮崎は特に被害が大きかったようですね。お見舞い申し上げます。一日も早い復興願っています。
関連で東京杉並区周辺の大変な集中豪雨、こちらのほうも被害の無かったことを願いつつお見舞い申し上げます。
幸い福岡に来たときはだいぶ勢力も落ち、速度も速くなってきていたので被害が無かったのが何よりでした。(私の知らないところで被害があったかもしれませんが)まだまだ油断の出来ない季節です。災害時の心の準備しっかりしておきましょう。
[PR]
by bun111ji | 2005-09-07 22:20 | 日常 | Comments(0)

歌集『潮騒』より

沈みゆく船橋に立ちて手を振れる○船長の決別の微笑    ○は名前

潜水夫海藻の林に眠りたる巨体(嘉義丸)探るもなす術もなく

冥福とふ諦観の辞を知りてより合掌しつつ屍の上を航く 

沖○松○先生の歌集『潮騒』より
先生は私たち兄弟に中学時代国語を教えてくださいました。その後小学校の校長、鹿児島市教育委員会指導主事、全国創造国語研究会顧問など歴任されました。
お姉さまが嘉義丸沈没の時、従軍看護婦として僚船から目撃されたとのこと。
『潮騒』の中に「船長の殉職」というタイトルで6首読んでおられます。その中から3首です。
潜水夫・・・は、だいぶ前、新聞に船体が発見されたけど、どうにもならないという記事を読んだ記憶があります。その時の事を詠まれたのでは?と思います。
先生のことすっかり忘れていましたが今回のことをきっかけに弟からの一言で思い出し、本棚に先生の歌集を見つけました。
すっかりご無沙汰してしまいましたが先生如何されていますでしょうか?ご高齢になっておいでのはず、お元気でおられることをお祈りいたします。


ついでに兄の詠んだ歌を一首
たふれゐし花鉢おこしふりかへり手を振り征きて父は還らず   『歯とイボ』より
[PR]
by bun111ji | 2005-09-04 14:44 | 嘉義丸 | Comments(0)

嘉義丸以外の2隻も沈没

兄より父が船長として乗った船は嘉義丸以外の2隻も沈没したとの連絡を受けたので調べてみました。
私たち家族は昭和11年大阪より鹿児島へ転居、その年の8月に私は生まれました。当時父が乗っていたのが厦門丸、次の乗ったのが宮古丸、そして嘉義丸に乗っていました。

これらの船は3隻とも空爆、雷撃により沈没。詳細は次のとおりです。

嘉義丸
昭和18年6月26日  奄美大島沖で米軍の魚雷を受け船尾から垂直に8分で沈没。

宮古丸 
昭和19年8月5日   徳之島沖で雷撃、沈没、全員死亡。

厦門丸 
昭和20年5月25日  門司から釜山への向かう途中、対馬沖で空爆、沈没。
嘉義丸沈没時、同じ船団に加わっていました。

尚、19年8月22日に沈没した、学童疎開でご承知の対馬丸は嘉義丸が沈んだときの船団の中に加わっていました。

私が生まれて以来父が乗っていた船は全部撃沈されたということです。これらはごく最近、62年も経って知った情報です。いまだに知らないことが多いことに驚きます。
[PR]
by bun111ji | 2005-09-03 20:40 | 嘉義丸 | Comments(0)

トラブル

14日、録画したフジTVの番組をコマーシャルカットなどの編集後CDに書き込む時、あまりに時間がかかるので(1時間半ほど)おかしいなと思いつつも初めてのことなのでこんなものかと、でも仕事でやっている人はこれでは商売にならないな思いながら書き込みも終わりました。
翌15日夕刻、やはりPCの調子が悪いのでNECサポートに電話したら再セットアップするようにと手順を教えてくれて後はメッセージに従ってください、2~3時間はかかります、とのことだったので寝るまでには終わるな、と思っていました。ところが一晩中かかっても終わらずとうとう朝になって強制終了。買ったお店のサポートに持参。結果HDDが壊れているのでリカバリーができないといって修理カウンターに持っていくように言われました。でも私の年恰好から心配になったのかメモ用紙に状態を書いてくれました。実はその前からCPUファンが悪いので折を見て修理に出すようにと言われていました。又終了に時間がかかりすぎるとも感じていました。こんなわけで修理に2週間かかって手元に帰ってきたのですが、これからが又大変、初期状態に戻ってくることはわかっていましたが購入したときとは全く調子が違い、立ち上げるたびにいろいろなメッセージで何をどうしていいやらわからず、OCN、NEC、トレンドマイクロ社、マイクロソフト、と電話かけまくり、やっと送受信までこぎつけたのは2日後の31日。ほとほと疲れ果てました。
でもどこもサポートがしっかりしていて、親切丁寧、本当に助かりました。こらからまだまだトラブルは続くこと覚悟の上でがんばらないと仕方ないようです。
以上トラブル体験記でした。そうそう皆さん、バックアップはしっかりね(失敗者より)
[PR]
by bun111ji | 2005-09-01 21:23 | その他 | Comments(0)

バラの花束


by bun111ji