あれから14年

阪神大震災、あれから14年。

地震を知ったのは母の『神戸で大変なことが起こっている』との知らせ。
目が覚めても起きるにはまだ早いので布団の中でラジオを聞いていて知ったようです。
急いでテレビをつけてその大変な様子に声も出ないほどでした。

母には子供、孫、兄弟、甥、姪と多くの親戚が神戸にいて気が気ではなかったのです。
皆の安否をどんなに気にしたか。無事が確認できるまでどれほど時間がかかったか。
でも亡くなられた方には申し訳ないのですが親戚全員の無事が確認できたのは何よりでした。
それでも家屋などの被害も相当なようでした。

その後10年ほどで福岡でも西方沖地震があり、神戸ほどの被害はなかったのですが、それでも建物への被害は結構ありました。現在でもあちこちで外壁などの修理をやっているのを見ます。

神戸の皆さんには私達の思いの及ばないほどの苦しみ、悲しみ、いろいろあると思うのですが
皆で忘れることなく今後どうしたら災害を出来る限り少なくすることが出来るかを考えて行かなければと思う一日でした。

この国は地震大国、どこにいてもいつ地震に会うか分からないので我が家では家具は一室にまとめて収納、できるだけ生活空間に物を置かないように心掛けてはいますが・・・

母と当事神戸にいた孫たちの一部。
d0018704_21395425.jpgd0018704_21581058.jpg
[PR]
by bun111ji | 2009-01-17 21:51 | 地震 | Comments(0)

バラの花束


by bun111ji