まごまごフォットット

bun111ji.exblog.jp ブログトップ

お名前伏せさせていただきました

早速連絡いただき有難うございました。
お名前伏せさせていただきました。ご了承ください。

5月26日、嘉義丸の沈んだ日に(父の命日)コメントをいただいていながら気がつきませんで大変申し訳なく思っています。

私達家族は父のなくなったときの状況は僚船からの報告として、船橋で万歳をしていたとの事しか知らされていませんでした。

一昨年朝崎郁恵さんが『嘉義丸のうた』をお出しになったことで乗客で現在たったお一人の生存者の方が見つかり、父の最期を見たこと、その方も父は最期に船長室は入り鍵を閉めたのを見たとおっしゃっています。

○様のお祖父様も同じ状況を見ていたことで間違いなく手を振って船長室に戻ったことになります。

当時は船長の命は船諸共と言われていましたし、助かった船長の中には後に自刃された方もいらしたので自分が助かるなんて考えられなかったと言う状況だったようです。

私の母は父の最期の状況を何も知ることなく7年前に亡くなりました。

昨年は神戸の『戦没した船と海員の資料館』へ行き民間の商船がこんなにもたくさん沈められていたことに改めて心が痛む思いをしました。

お祖父様のご冥福とご家族皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

よろしければ非公開コメントで連絡先をお知らせいただければ嬉しいです。
[PR]
by bun111ji | 2007-08-16 10:18 | 嘉義丸 | Comments(2)
Commented at 2007-08-18 10:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-07-22 00:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。