T・Hさんのコメント

全国の自治体病院の経営で累積赤字は増加傾向、一千のうち実質的に営業黒字は82病院しかなく、大半が診療報酬など本業の収入では必要経費をまかなえない状況だ。との日本政策投資銀行の分析の記事で甲南同期のT・Hさん(全国病院事業管理者等協議会会長)が次のようなコメントを載せていました。

この3年、患者数は減ったのに職員数は増えている。04年度の決算では過去最悪の赤字を記録した。自治体も病院も経営を考えなければいけない。自治体病院といっても先端的ながんセンターから小さな町立病院まで多用だ。 病院の機能と役割の見通しや、整理、統廃合が欠かせない。患者主体の医療をめざし全職員が経営状況を把握するなどの改革をすれば病院は良くなる。

朝日新聞 2006年1月15日朝刊 2面
[PR]
by bun111ji | 2006-01-15 20:14 | 甲南 | Comments(0)

バラの花束


by bun111ji